トリップアドバイザー、Facebookと連携

鳴海淳義 (編集部)2011年04月25日 12時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリップアドバイザーは旅行クチコミサイト「TripAdvisor」の日本版サイトで、Facebookと連携した新機能「フェイスブック・パーソナライゼーション」を開始した。

 FacebookのアカウントでログインしてTripAdvisorの旅行スポットのクチコミを見ると、その地域を旅したことがあるFacebookの友達のリストや、友達が投稿したクチコミなどが優先的に表示される。友達が宿泊したホテルに泊まったり、現地の詳しい話を聞いたり、ちょっとしたコミュニケーションに使える機能だとしている。

  • Facebookのアカウントでログインするとトップページ右にFacebookの情報が表示される

  • 旅行スポットのクチコミには、そこに行ったことのある友達の情報が表示される

 友達がどの地域を旅行したかというデータは、トリップアドバイザーが2007年からFacebookに提供している人気アプリ「Cities I visited」と連携して取得している。これは自分がこれまで行った場所、これから行きたい場所、好きな場所、詳しい場所などを選んで、世界地図上にピンを指すアプリ。公開以来1000万人を超えるユーザーがインストールし、合計10億カ所以上にピンが立てられているという。

 TripAdvisorは30カ国のユーザーに、20言語で提供されている。月間ユニークユーザーは4000万人、会員数は2000万人。約4500万件のクチコミ情報を掲載している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加