Androidスマホ狙うマルウェア亜種を確認--個人情報を勝手に送信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は4月20日、Androidスマートフォンを狙ったマルウェア「Android Spy」の亜種としてトロイの木馬「Android.Spy.54」を検出したと発表した。Androidアプリを提供する中国のウェブサイトで発見されたという。

 Android Spyは、通信やショートメッセージの情報の読み取りや変更、SMSの送信、位置の特定に加え、自身の自動起動も行う。スマートフォンの電源を入れるとダウンロードされる亜種も存在するが、Android Spyの主な目的はスマートフォンのID情報の収集、検索エンジンフォーム内に特定のサーチパラメータを設定してリンクを開くことだという。

 今回発見された亜種のAndroid.Spy.54は、ユーザーが選択した電話番号に通話発信したりSMSを送信したりするための合法的なウィジェットの一部であった。バックグラウンドサービスに登録し、悪意のあるサイトに接続して犯人に被害者の個人情報を送信するほか、感染した端末からスパムSMSの送信を開始したり、ブラウザのブックマークに勝手にサイトを加えたりするコマンドを含んだxmlファイルをダウンロードする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加