logo

“一緒に何か食べに行こう”を支援するサービス「tabeni.co」

鳴海淳義 (編集部)2011年04月15日 10時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイネット・ジャパンは4月15日、Twitterと連動して気軽に会食を設定するサービス「tabeni.co」(たべにこ)を開始した。

 tabeni.coは、Twitterなどのリアルタイムなコミュニケーションで生まれる「今度会おう」「何か食べに行こう」「そのお店行きたいね」といった突発的な合意を、スムーズに実行に移すためのサービス。スケジュール調整や場所決めに手間取って、気分が冷めてしまうのを防ぐことができるという。

 ユーザーはTwitterでつながっている友人を気軽に誘うことができ、誘われた友人もボタンを押すだけで意思表示を行える。ユーザー同士が会う場所は多くが飲食店であるため、お店選びの機能も実装した。

tabeni.co

 tabeni.coを利用するにはTwitterアカウントが必要。トップページでアカウントを認証し、「さそう」ボタンを押すと、Twitterの友人一覧が表示される。誘いたい友人のアイコンを選択して「さそう!」ボタンを押すと、選択中の友人はアイコン右上にチェックマークが表示される。日時と場所、情報の「公開」「非公開」を設定し、「たべにこ!」ボタンを押すと誘った友人に通知が届く。

 誘われたユーザーはTwitter上に通知されたURLから、場所や時間が指定されたページへアクセスできる。ページ内の「たべにこ!」ボタンを押すと参加の意思表示が完了する。参加できない場合は、「また今度」を選ぶ。参加意思やコメントがTwitter上で主催者などに通知される。

 誘いに応じてくれそうな友人を優先的に上位表示する機能、行きつけのお店やお気に入りのお店を登録できる「よくいく」機能なども備えている。今後はスマートフォンアプリ対応やほかのソーシャルネットワーキングサービス(SNS)との連携も予定している。

 なお、マイネット・ジャパンは首都圏の飲食店を中心とした東日本大震災の復興支援活動「smileat(スマイルイート)」に賛同し、同社代表取締役社長の上原仁氏が事務局としてオフィシャルサイトを運営している。

-PR-企画特集