クーポンサイト、重視するのは量の多さと信頼性--サーベイリサーチセンター調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サーベイリサーチセンターは4月13日、同社が実施したクーポン共同購入サイトに関するアンケート調査の結果を発表した。調査によると、消費者はサイトを選ぶ際、「取り扱いクーポンの量の多さ」や「サイトの信頼度」を重視しているという。

 この調査は、3月4日から10日までの期間、主要クーポンサイトでの購入経験者を対象に行ったもの。有効回答数1000名で、20代以下、30代、40代、50代以上の男女回答者、それぞれ125名から回答を得た。

 まず、普段チェックするクーポンサイトを選んだ際に気をつけたこと、気にしたことについては、「取り扱いクーポンの量の多さ」との回答が42.2%と最も高く、次いで「サイトの信頼度」が40.0%という結果となった。

 年代でみると、「取り扱いクーポンの量の多さ」は若年層ほど気する傾向にあり、「サイトの信頼度」や「運営会社の信頼度」に関しては、特に50代以上が気にする傾向にあったという。

 クーポン購入時に気をつけていることや気になることはという問いに対しては、80.1%が「クーポンの価格の魅力」と回答。次いで「クーポンの使用時期や使用期限など使用条件」の55.7%、「クーポンが提供するサービスの魅力」の53.1%と続く。

 また、クーポンに対する満足度を聞いたところ、20.6%が「満足」、44.7%が「やや満足」と回答しており、それらを足した約7割弱が満足しているのに対し、「不満」や「やや不満」を足した不満層は、7.9%にとどまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加