ヤマハ製ルータにDoS状態になる脆弱性--修正済みファームウェアに更新を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構(IPA)は4月11日、ヤマハが提供するルータにサービス運用妨害(DoS)状態となる脆弱性が確認されたと発表した。「Japan Vulnerability Notes(JVN)」に最新情報が掲載されている。

 IPパケットの処理に問題があり、悪用されると遠隔の攻撃者に細工されたIPパケットを送られることでDoS状態になり、ルータを停止または再起動される可能性がある。ヤマハでは脆弱性を解消する修正済みファームウェアを提供しており、ユーザーに対しファームウェアを更新するよう呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加