logo

TwitterのTLをマンガにするアプリ「Feel on!」--独自の解析エンジンで

坂本純子 (編集部)2011年04月08日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 L is Bは4月8日、iPhone向け新Twitterクライアント「Feel on!」を発表した。iOS 4.0以上が動作する製品に対応しており、App Storeから無料でダウンロードできる。6月をめどに機能をパワーアップさせ、有償版をリリース予定という。

  • 「Feel on!」。キャラクターは相手の感情を伝えてくれる見習い妖精「シモンくん」

 Feel on!は、Twitterのタイムライン(TL)をマンガで表現できるアプリだ。文字は手書き風のフォントで、さらに独自開発のソーシャル感情エンジン「SEE(Social Emotion Engine)」により、ツイート内容を解析して愛情、喜び、期待、悲しみなど8つに分類し、最適な感情と予測するイラストやカラーバーで表現する。ツイートする時は、コミックを選択して好みのイラストを付加することができ、プレビューで確認してから送信できる。

  • ツイートする時は、コミックを選択可能

 iPhoneをシェイクすると、コミック表示またはテキスト表示に切り替えられ、気分で選べるようになっている。400人弱をフォローしているアカウントで使ってみたが、コミックだからといって特別に動作が重くなる印象はなかった。

 プロフィール画面からハートのアイコンをクリックすると、直近100のツイートを感情分析してその人の感情を視覚的に表示できる。たとえば赤は「愛情」、青は「悲しみ」など、色分して表示されるしくみで、さらにカラーバーをタッチすると各ツイートが見られるようになっている。

気持ちをうまく伝えあえる社会を実現したい--開発の背景

  • 過去のツイートをもとに視覚的に感情を表示

 L is Bは、ジャストシステムでKasperskyのプロジェクトリーダーなどを務めてきた横井太輔氏が2009年11月に設立した会社だ。横井氏は「ソーシャルメディアで多くの人々に受け入れてもらえるアプリを作りたいと思い起業した」という。

 Feel on!について、「ジャストシステムの出身者らしく、TwitterやFacebookのコミュニケーションを感情分析し、最適なイラストやカラーで表示することで、もっと楽しく気持ちを伝えるアプリができるのではないか考えた」と背景を語った。

 Twitterなどソーシャルメディアは文字によるコミュニケーションが中心となる。それをイラストやカラーに変換することで、気持ちをうまく伝えあえる社会を実現したいとしている。

 今後は4月下旬をめどにウェブ版(ブラウザ対応版)を開始する。Android版やFacebookやmixiボイスなどの各国のSNS版、英語を始めとした各国語版を順次リリースしていくとのことだ。

-PR-企画特集