logo

ニコン、3型バリアングル液晶搭載--「ニコン D5100」

エースラッシュ2011年04月05日 20時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは4月5日、ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「ニコン D5100」を4月21日に発売すると発表した。

  • 「ニコン D5100」

 2009年5月に発売した「D5000」の後継機として発売されるD5100は、バリアングル液晶モニタをD5000の2.7型から3型へと大型化。さらにアングルの自由度や三脚の使用を考慮して横開き方式になった。また、フルHD(1920×1080、30p)動画撮影機能「Dムービー」、静止画と動画の両方にカメラ本体で演出効果を設定できる「スペシャルエフェクトモード」も搭載された。

 主なスペックは、有効画素数16.2メガピクセルのニコンDXフォーマットCMOSセンサを搭載し、最高約4コマ/秒の連続撮影、ISO100~6400に対応する。記録媒体はSDメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDXCメモリカードに対応する。

  • バリアングル液晶モニタを2.7型から3型へと大型化

 店頭想定価格は、D5100のボディ単体が8万円前後、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付きの「D5100 18-55 VR レンズキット」が9万円前後、AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR付きの「D5100 18-105 VR レンズキット」が12万円前後、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VRおよびAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR付きの「D5100 ダブルズームキット」が12万5000円前後となっている。

-PR-企画特集