GMO-VP、Facebook関連ベンチャー特化のファンドを設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMO VenturePartners(GMO-VP)は3月31日、Facebookなどのソーシャルネットワーク上の広告やEC関連のテクノロジーベンチャーに投資するベンチャーキャピタルファンド「Social Ad & Commerce Technology Fund投資事業組合」を設立した。

 あわせて同日、投資の第1弾として、Facebookコマースカートの「SocialGateway」を展開するアラタナへの出資を発表した。GMOペイメントゲートウェイも同社に出資し、決済面からソーシャルコマースを支援していく予定だ。

 なお、Social Ad & Commerce Technology Fund投資事業組合は当初、GMO-VP、GMOアドパートナーズ、GMOアドホールディングスの出資でスタートするが、外部からの募集も想定し、上限20億円程度までの拡張を検討する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加