The New York Times、オンライン購読サービス発表--無制限利用で年額455ドル

Greg Sandoval (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2011年03月18日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The New York Times(NYT)オンライン版にアクセスするための料金を支払う気が読者にどれほどあるのか、まもなく明らかになるだろう。

 米国の大手一般紙であるNYTは、ついにデジタル購読プランを発表した。まず目を引くのは、それが安くはないということだ。

 NYTは米国時間3月17日、スマートフォンやタブレットを含むあらゆる機器でNYTimes.comにアクセスしたいという読者について、米国では3月28日から、4週間で35ドル(年額に換算すれば455ドル)を支払う必要があると述べた。この購読サービスは、17日からカナダで提供開始された。

 The New York Times Companyの会長を務めるArthur Sulzberger, Jr.氏は、「デジタル版アクセスへの課金を開始するというわれわれの決定はさらなる収入源につながるもので、ジャーナリズムへの投資を継続する能力を強化することになる」と述べた。

 NYTのタブレット向けアプリケーションを介した限定的な利用にとどめたい読者向けの料金は、4週間で20ドルとなっている。スマートフォンを通じてアクセスする場合の料金は、4週間で15ドルだ。自宅に印刷版が配達される契約をしている購読者は、デジタル版に無料かつ無制限にアクセスできる。

 仕組みについて説明すると、NYTimes.comの訪問者は1カ月あたり20本の記事を閲覧できるが、20本に達すると、それ以上読みたい場合は定期購読するよう求められる。NYTによると、同紙のスマートフォンおよびタブレット向けアプリケーションでは、フロントページと「Top News」セクションを引き続き無料で閲覧できるという。

 NYTはまた、検索、ブログ、ソーシャルメディアからのリンクを介して特定の記事にアクセスしようとした場合は、その時点ですでに20本という上限に達していても読めるようにする予定だ(この場合、Googleの検索結果からアクセスできるのは1日に5本までとなる)。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加