logo

緊急事態発生中--週末にオフィスを空ける前に確認すべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月11日午後2時46分ごろ、宮城県沖を震源とする強い地震があった。宮城北部は震度7、東北と関東の広い地域で震度5弱以上の揺れを観測した。

 その後も余震が続いてるほか、東北地方から関東、北海道の太平洋岸に大津波警報が出ており、気象庁などが注意を繰り返している。

 現在オフィスにいるシステム管理者は会社を出る前に何をするべきか。

 CNET Japan編集部で思いつくことを列挙してみた。

パスワード

 あなただけが知っているパスワードにはどんなものがありますか?電車が止まったなどの事情で週明けに自分が通常の時間帯に出社できるとは限りません。重要なパスワードはすべて、書き留めたうえで、適切な人に伝えましょう。これには、それほど重要ではなくても、あなた自身の使用するパスワードも含めておくべきです。休暇明けには自分自身がパスワードなんて些細なことは頭の中から消え去ってしまうかもしれません。この間パスワードを変更したが、誰にもそのことを伝えていないなどということはありませんか?最近変更したパスワードを、適切な人に伝えておくのを忘れないように。

 誰かに管理者アカウントなど重要なアカウントへのアクセスを与える際は、休暇中はパスワードを変更しておき、帰ってきたら元に戻すようにするのも一案です。また各システムごとに管理者権限のパスワードを封筒に入れておくという方法も考えてみるといいでしょう。この場合、もし封筒が破られたら、自分が帰ってきたときにパスワードを変更するか、追加されたアカウントを削除するのが鉄則です。

日常的に行っている作業

 あなたが責任を持って日常的に行っている作業を洗い出す必要があります。あなたは、バックアップテープを交換したり、夜間ジョブを起動したりしていますか?こういったことをすべて書き出して、自動化するなり、誰かとその作業をシェアなりしておく必要があります。こういった作業を誰かに任せる必要がある場合、その作業時刻の数分前に、自動的にリマインダーを出すようにすることも検討してください。

-PR-企画特集