災害時に威力を発揮する「充電グッズ」たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年3月11日午後2時46分ごろ、宮城県沖を震源とする強い地震があった。宮城北部は震度7、東北と関東の広い地域で震度5弱以上の揺れを観測した。その影響から、電車の運行ストップや道路混雑の影響により、徒歩で自宅まで帰った人もいるかもしれない。

 そんなとき、携帯電話やスマートフォンのルート案内は便利だが、バッテリの心配もある。普段から用意しておきたい充電機器や電池を紹介する。

●携帯電話・スマートフォン充電器

 4~5時間で満充電に--ドコモ、ソーラー充電器「FOMA ecoソーラーパネル 01」
 リンケージ、GALAXY SやIS03などで使えるmicroUSB電池充電器「SK-02MCAB」
 リンケージ、残量表示付き内蔵AC充電器「ACLK-41B」--スマートフォンなどに対応?
 ドコモ、スマートフォンも充電できるポータブル充電器を発売
 アマダナブランドの充電ケーブルも--モバイル周辺機器7製品発売へ
 ノキア、自転車で走りながら充電する携帯電話用キットを発表

●購入後すぐに使える単3形、単4形充電池

 iPad、Xperiaも充電できる携帯用電源「eneloop booster series」
 三洋電機、「eneloop lite」に充電器セット--3時間半の急速充電も
 三洋電機、ポータブルソーラーセットなどeneloop universe productsに新ラインアップ

 三洋電機、繰り返し使える「eneloop lamp」--阪神大震災が原点となり商品化
 パナソニック、約1500回繰り返し使用できる充電池「EVOLTA e」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加