logo

アマゾン、AWSの新サービス「CloudFormation」を発表

文:Larry Dignan(CNET News) 翻訳校正:中村智恵子、福岡洋一2011年02月28日 12時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間2月25日、クラウドで複雑なシステムを構築するための新たなサービス「CloudFormation」を発表した。Amazonによれば、ケーキを焼くのと同じくらい簡単にできるという。

 CloudFormationの仕組みは次のようになっている。

  • どのリソースが必要か(ストレージ、計算、ロードバランサ)を顧客が記述する。
  • これらのリソースを配備する方法をCloudFormationが見つける。
  • テンプレートがクラウドスタックを作成する。

 CloudFormationはレシピ本のようなものだと、Amazonはブログ投稿で説明している。

 AWSはプログラマブルなので、繰り返し可能なプロセスを利用して複雑なシステム(「スタック」と呼ばれることがある)を構築することも本来は可能なはずだ。また、AWSの持つ動的な性格から、ユーザーは運用環境の正確なコピーを複数作成したいと思うようになる。開発およびテストのために余分にスタックを作成するとか、複数のAWS Regionにまたがってスタックを複製するとかいったことだ。

 Amazonは声明の中で、「相互依存関係について考えなければならない重荷から開発者を解放する」ことが目標だと述べている。もちろん、こうしたテンプレートを使えばクラウドインフラストラクチャを非常に簡単に作成できるので、AWSの利用が増加するということになる。

 CloudFormationは「EC2」「Elastic Beanstalk」「Relational Database Service」など、複数のAWS環境を通じて利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集