アシスト、BAソフト「ADVIZOR」販売--メモリで処理、専門知識なくても分析

田中好伸(編集部)2011年02月24日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシストは2月22日、ビジネスアナリティクス(BA)製品「ADVIZOR(アドバイザー)」(開発は米ADVIZOR SOLUTIONS)の販売を開始したことを発表した。基本製品となる「ADVIZOR Analyst/X」の税別価格は93万6000円。

 ADVIZORは、「Oracle Database」や「SQL Server」、「Salesforce.com」、「Excel」、「Access」、テキストなどのデータソースからのデータをメモリ上で処理、PC1台で高度な分析が行えるという。Oracle DatabaseやSQL Serverからは、ODBC経由でデータを取り込む。

 設計やプログラミング、専門的な統計知識が必要なく、1~2日のトレーニングだけでチャートや多次元分析、予測モデルを構築できるとしている。国内外の流通や小売り、コンサルティング、金融、情報処理などのさまざまな業種業態で採用されているといい、業種業態別の分析テンプレートも用意されているとしている。

 Analyst/XはクライアントPCに導入してスタンドアロンで実行する。分析用のページとグラフの追加、変更を行い、分析軸を作成する。グラフの選択や抽出による分析作業に利用できる。

 「ADVIZOR Desktop Navigator」はAnalyst/Xで作成した分析用のページとグラフを使用して分析する。税別価格は5ライセンスで117万円から。「ADVIZOR Server AE」は、Analyst/Xで作成した分析用のページとグラフをウェブサーバの「Internet Information Service」に登録して分析作業に使用する。サーバに導入して、各クライアントPCのウェブブラウザから実行する。税別価格は、25指名ユーザーで390万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加