ソーシャルで、リアルタイムで、もちろんグローバル--ユニクロがFacebook連動コミュニティ

鳴海淳義(編集部)2011年02月17日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニクロは2月17日、都内で記者会見を開き、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Facebook」と連動するファッションコミュニティサイト「UNIQLOOKS」を発表した。「UNIQLOCK」や「UNIQLO CALENDAR」などに続く、同社のオンラインマーケティングの最新の試みとなる。

 UNIQLOOKSはユーザーがユニクロ商品を含むコーディネートを投稿し、友人間で共有してコミュニケーションを楽しむサイト。Facebookと連動し、世界中からの参加者とコミュニケーションがとれるようになっている。主な特徴は以下の4点。

  1. 世界中のあらゆる人々がユニクロを着こなす様子をリアルタイムで閲覧できる。都市や性別、年齢やアイテムなどで条件を絞り込むこともできる。
  2. ユニクロのアイテムを1つでも着用していれば、いつでも誰でも世界中から画像を投稿することができる。投稿画像は個人ページ「MY LOOKS」に蓄積され、自分だけの「LOOKBOOK」を作成できる。3月中旬にはiPhoneアプリもリリースする予定。
  3. 気に入ったコーディネートにFacebookのいいね!やコメントを残すことで、世界中の人々とコミュニケーションをとれる。いいね!の数などで、それぞれのLOOKに順位がつき、順位の高いLOOKはトップページに表示されるようになっている。3月から開始するコンテストで上位に入ると、世界中のユニクロの店頭ビジュアルにも出演できるという。
  4. ECサイトと連携し、お気に入りのユニクロアイテムをそのまま購入できる。
ユニクロ代表取締役会長の柳井正氏ユニクロ代表取締役会長の柳井正氏

 ユニクロ代表取締役会長の柳井正氏はUNIQLOOKSを、「企業オンラインファッションコミュニティとして、世界で一番評価されるサイトにしたい」と語った。

 「いまはインターネットのソーシャルネットワークの時代。そしてソーシャルネットワークは個人の時代。エジプトで政権が変わったが、これは個人が意見を言ったことから始まった。同じことがファッションの世界でもできないか。個人対個人、誰でも参加できて、双方向で、世界中で情報交換ができるサイトにしたい」(柳井氏)

 UNIQLOOKSはユニクロのウェブマーケティングの中ではフェイズ3に位置するという。フェイズ1はブログパーツを活用した試みであるUNIQLOCKとUNIQLO CALENDARだ。日常で使用する時計や天気予報などのユーティリティツールに、ダンスや日本の四季といったビジュアルを組み合わせて世界中のユーザーに訴求した。ここからユニクロは、言語に依存しない、一瞬で魅力が伝わるコンテンツの作り方を学んだという。

 フェイズ2はSNSへの対応だ。Twitterと連携した「UNIQLO LUCKY LINE」はその代表的な事例で、台湾では66万人、中国では130万人がネット上で行列を作ったという。ユニクロはここで、人から人へ自然発生的に伝わる力「Power of People to People」(P to P)を学んだ。

 そしてフェイズ3のUNIQLOOKSでは、ついにFacebookを本格活用する。ユニクロのグローバルコミュニケーション部リーダー、松沼礼氏は「Facebookは世界で6億人のユーザーがいる。人口では中国、インド、Facebookの順になる規模。そこでユニクロの情報を拡散させたい」と述べた。

  • UNIQLOOKSのトップページ

  • UNIQLOOKSのサンプルページ1

  • UNIQLOOKSのサンプルページ2

◇ユニクロの関連ニュース
「ネットの匿名は信用できない」--ユニクロ柳井会長がFacebookを選んだ理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加