logo

国内製品別IT市場、PCやスマートフォンの高成長で大幅改善--IDC予測

富永恭子(ロビンソン)2011年02月10日 17時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは2月10日、2010年第3四半期(7〜9月)の実績、および最新の景気動向などに基づく国内製品別IT市場予測を発表した。これによると、2010年国内IT市場は12兆5420億円、前年比成長率2.3%で、2009年の前年比成長率マイナス11.4%から大幅に改善する見込みという。2010年10月に発表した前回の予測からも、1.7ポイントの上方修正となっており、PCとスマートフォンなどの「コンバージドモバイルデバイス」の需要が伸びたことが要因だとIDCでは説明している。

 国内IT市場を構成する「ハードウェア」「ITサービス」「パッケージソフトウェア」の3つの市場の2010年の動向については、ハードウェア市場がマイナス基調だが、クラウド構築、M&Aに伴うシステム統合、BAおよびBI、IFRS対応などの需要により、ITサービス市場、パッケージソフトウェア市場がプラス基調だとする。これにより、国内IT市場全体の2009〜2014年における年間平均成長率は0.9%のプラス成長を予測しているという。また、2014年の国内IT市場規模は12兆8400億円になるとしている。

 ハードウェア市場は5兆3359億円、前年比成長率5.6%で、2009年のマイナス17.9%から大幅改善した。PCとコンバージドモバイルデバイスが、それぞれ12.4%、9.3%の高成長であることが主因となっている。また、コンバージドモバイルデバイスについては今後も高い成長を見込んでいるが、PCをはじめ多くのハードウェア製品が2011年以降マイナス成長となり、ハードウェア市場全体の2009〜2014年の年間平均成長率はマイナス0.7%で推移し、2014年の市場規模は4兆8719億円になるという。

 パッケージソフトウェア市場は、前年比成長率2.8%、2兆2520億円と予測している。これも2009年のマイナス10.9%から大幅改善した。背景として、これまで延伸されていたサーバやPCの更改が立ち上がり、幅広いパッケージソフトウェア製品の需要が戻ってきているのが要因だとしている。今後は、仮想化やクラウド構築、企業情報活用のためのBA(ビジネスアナリティクス)およびBI、IFRS対応などの需要により市場が堅調に拡大するとみており、2009〜2014年の年間平均成長率はプラス2.7%、2014年の市場規模は2兆5023億円と予測している。

 ITサービス市場は4兆9541億円、前年比成長率でマイナス1.3%と予測。2009年の前年比成長率マイナス3.9%と比べるとかなりの改善だが、新規システム構築の需要が低調で、マイナスを脱するには至っていないとしている。今後、景気回復に伴い、クラウド構築、M&Aによるシステム統合、BAおよびBI、IFRS対応などの案件が活発化してくるとIDCではみており、2009〜2014年の年間平均成長率はプラス1.7%、2014年市場規模は5兆4658億円と予測している。

 またIDCは、今後の国内製品別IT市場について、クラウド、ワイヤレスブロードバンド、モバイルアプリケーションの普及により、PCからコンバージドモバイルデバイスやメディアタブレット(国内IT市場規模には計上していない)へ需要がシフトして行くと分析している。

 IDC Japan、ITスペンディング/ITサービス/ソフトウェア&セキュリティ/コミュニケーションズグループディレクターの和田英穂氏は「ITベンダーは、ハードとコンテンツ配信の融合など新たなビジネスモデルへ挑戦することが、生き残りのために必須である」とコメントしている。

2009〜2014年、国内IT市場投資額予測 2009〜2014年、国内IT市場投資額予測(出典:IDC Japan)

-PR-企画特集