logo

保護されていない他人のWi-Fi、32%が「借りた」経験あり--Wi-Fi Alliance調べ

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月07日 11時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wi-Fi Allianceは米国時間2月2日、Wakefield Researchと共同で行ったアンケート調査の結果を発表した。それによると、回答者の32%が、パスワードで保護されていない他人のWi-Fiネットワークの利用を試みたことがあると答えたという。2008年12月のアンケート調査では18%だった。

 Wi-Fi Allianceは以前から、パスワードで保護されていないWi-Fiネットワークにアクセスすることと自分のWi-Fiネットワークを保護しないことのリスクを指摘し、すべてのWi-Fi機器でWPA2(Wi-Fi Protected Access 2)を使用するよう促している。Wi-Fi Allianceはワイヤレスネットワークのユーザーに対し、強力なネットワークパスワードを作成すること、公共ホットスポットの利用には注意すること、自動接続を無効にすることを勧めている。

 この調査は、2010年12月10日から16日にかけて、米国の18歳以上1054人を対象にオンラインで実施された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集