キヤノンITS、メールフィルタリング「GUARDIANWALL」新版--誤送信対策を強化

田中好伸(編集部)2011年01月26日 14時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)グループのキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は1月25日、メールフィルタリングソフトの新版「GUARDIANWALL Ver7.4」とウェブ利用での情報漏洩を防止するソフトの新版「WEBGUARDIAN Ver3.6」の販売を開始したことを発表した。

 GUARDIANWALL Ver7.4では、メール誤送信対策機能を強化している。メールの一時保留機能と添付ファイルの自動暗号化機能を搭載している。メールの一時保留機能は、送信したメールを一定時間保留することで、送信者が誤送信に気付いた場合にメールを削除することができる。一定時間経過後に自動送信されるために、操作忘れでメールが送信されなかったという問題も発生しないとしている。添付ファイルの自動暗号化機能は、メールの添付ファイルをパスワード付きの暗号化ファイルに変換する。複数の場合は1つのファイルにまとめて暗号化する。

 50ユーザーで価格が96万円、年間保守料金が14万4000円(どちらも税別)。一括購入のほかにサブスクリプションでも提供される。年間利用料金だけで利用できることから、初期費用を削減でき、より幅広い導入要望に応えられるとしている。50ユーザーで年間利用料金は62万4000円となっている(税別)。

 WEBGUARDIAN Ver3.6には「ソーシャルウェブ閲覧」機能が追加されている。社内からSNSを利用して発信されたメッセージのログを保存して、それらのメッセージ本文や添付ファイルを閲覧、監査できるという。対応するソーシャルメディアはTwitterやGREE、mixiとなっている。50ユーザーで25万円、更新価格は12万5000円、他社からの乗り換えで12万5000円となっている(すべて税別)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加