logo

PandaLabs、サイバー犯罪のオンラインブラックマーケットの調査結果を発表

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年01月24日 11時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Panda Securityのウイルス調査研究所であるPandaLabsは現地時間1月20日、盗まれた銀行口座情報やクレジットカード番号、パスワードなどを売買するブラックマーケットに関する調査結果(PDFファイル)を発表した。これらの違法行為の多くはオンラインストアやフォーラムを通して行われているが、FacebookやTwitterのアカウントを使って店を構えるケースもあるという。

 報告書によれば、基本的な銀行口座やクレジットカードの情報は、安いものでは1件2ドルで売られているが、これには実際の残高の保証がないという。小額の残高が保証されているものは80ドル、8万2000ドルの残高が保証されているものは700ドルで売られていたという。すでにオンラインショッピングやPayPalで利用されたものはさらに価格が上がると報告されている。また、デジタルデータ以外にも、複製されたクレジットカードが190ドルで、カード複製機が200ドルから1000ドルで、偽のATMが3500ドルから3万5000ドルで販売されていたという。

 PandaLabsは、データの盗難から身を守るために、請求書やクレジットカードの報告書を注意深く確認し、ATMのレシートは保管するか破り捨て、長期間外出するときは近所の人に郵便物の受け取りを頼み、オンラインでの買い物にデビットカードを使わず、最新のセキュリティソフトウェアを使用することを助言している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集