logo

ジャスト、企業内情報検索システム最新版--候補提示機能搭載、速度は最大2倍

田中好伸(編集部)2011年01月18日 17時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは1月18日、企業内情報検索システムの最新版「ConceptBase Enterprise Search 2.0」を3月15日から発売することを発表した。

 最新版となる2.0には、入力中の検索キーワードに応じてほかのクエリ候補を自動提示する「サジェスト」機能を搭載している。膨大な検索結果が表示された場合には、「関連キーワード」も表示されることで、情報を絞り込むことができる。検索結果はグリッド表示されるので、新しく搭載される「スマートフィルタリング」機能を使って、作成者やファイルの種類といった属性でフィルタリングできる。別売りの「ConceptBase Enterprise Search サムネイル」(税別価格10万円)を活用すれば、検索結果をサムネイルで表示でき、マウスオーバーするだけで拡大して、文書を閲覧することができる。

 最新版では基本性能も向上させている。検索対象のデータ規模は1サーバあたり1Tバイトから3Tバイトに拡大。検索速度は、前版となる「ConceptBase Enterprise Search 1.3」と比較して最大2倍になっている。「Microsoft Office 2010」と「OpenOffice.org」で作成した文書も検索できるようになっている。最新版では、用途に応じた検索画面をGUIで簡単に作成できるようにもなっている。作成した検索画面ごとにURLを割り当てられ、業務内容や組織ごとに最適な専用検索システムを用意できる。

 ConceptBase Enterprise Search 2.0の税別価格は1サーバあたり800万円、登録できる文書数の制限はない。「ConceptBase Enterprise Search Workgroup Edition 2.0」は1サーバあたり500万円、300万文書まで登録できる。「ConceptBase Enterprise Search Basic Edition 2.0」は1サーバあたり200万円、登録可能な文書数は75万となっている。

-PR-企画特集