logo

企業のFacebookへの注目度、Twitterを上回る--宣伝会議調べ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 宣伝会議は1月17日、国内企業のウェブプロモーションや企業サイト、ECサイトの担当者を対象に実施した「2011年注目のウェブマーケティング手法とツール」に関する調査結果を発表した。

 調査によれば、マーケティング活動で「ソーシャルメディア」を活用したいと回答した企業は、113社中71社(62.8%)だった。個別のツールとしては、25社(22.1%)が「Facebook」と回答、「Twitter」の21社(18.5%)を上回る結果となった。

 また、マーケティング活動で「スマートフォン」を活用したいと回答した企業は、113社中63社(55.7%)だった。「売り場との連動」「アプリ開発」などマーケティング活用を検討する一方で、モバイル市場における端末の普及や利用動向が注目されているようだ。

 調査は、メールとファックスによるアンケート調査で、2010年12月1日から25日にかけて実施された。調査対象は約200社で、有効回答数は113社。

-PR-企画特集