セプテーニ・クロスゲート、アフィリエイトの成果キーワードを特定するサービスを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セプテーニ・ホールディングスの連結子会社でアフィリエイトプラットフォーム「xmax」(クロスマックス)を運営するセプテーニ・クロスゲートは1月11日、PC版xmaxを利用するアフィリエイターを対象に、新サービス「xmax LiSTA」(クロスマックス リスタ)を無償で提供開始した。

 xmax LiSTAは、アフィリエイターが運営するウェブサイトで発生したアフィリエイト成果が、リスティング広告のどのキーワードから誘導されたものであるかを特定するサービス。ウェブサイトにタグを設置するだけで導入でき、xmaxの管理画面にどのキーワード経由で成果につながったかが表示されるため、運用に即時反映することができるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加