フィッシングサイトが増加--JPCERT/CC四半期レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は1月12日、2010年10〜12月のインシデント報告対応レポートを公開した。

 同四半期にJPCERT/CCが受け付けた報告件数は2375件、各報告に含まれるインシデント件数は2638件、サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は731件であった。前四半期より調整件数は増加したが、それ以外は減少しているという。

 インシデントの内訳は、システムの弱点を探るスキャンが1128件と全体の42%を占めた。これにマルウェアサイト(572件)、フィッシングサイト(538件)、ウェブサイト改ざん(199件)と続いている。10月に報告が増加したフィッシングサイトは、前四半期から約10%増加し、前年度の同四半期からは約60%の増加となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加