logo

[ブックレビュー]社会人として身につけておきたいスキル--「仕事の9割は『依頼術』で決まる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
双葉社
深澤真紀
詳細:新書 / 191ページ / 双葉社 / 価格:¥ 840 / 著者:深澤 真紀 / 発売日:2010/11/17 / 外形寸法 (H×W×D):17.4cm × 11.2cm × 1.4cm / 重量:0.1 kg
内容:日常的に発生するため、その重要性を忘れてしまいがちな「仕事を依頼する」という行為。実はその仕事の9割が依頼で決まっているという。依頼する人、される人の双方で役立つ依頼術をひも解く。
Amazon.co.jpアソシエイト

 人に仕事を「依頼する」ことが、どれほど重要なことか分かっていないなら、今すぐ本書を読むべきだ。本書に書いてあることは、テンプレートを並べたような単なる「ビジネスメールの書き方」や「電話のマナー」などではない。社会人として本当に大切なことであり、最も基本的なことなのだ。

 どのような仕事でも、必ず協力者がいる。その人に協力してもらうためには適切な依頼が必要だ。ここで言う“依頼”とは、何も有名人への依頼ばかりではない。同じ会社内の別の部署、上司と部下といった間のものも含まれる。あまりに日常的に発生しているため、相手の都合も考えず、自己中心的な依頼をしていないだろうか。

 著者は「『絶対に受けてもらえる依頼』はないが、『まず受けてもらえない依頼』はある」という。読んでみると、ほとんど「礼儀」の範囲に入ると思っていたようなことが多い。だが、その礼儀さえ身についていない「失礼な人」が、実は多いのだろう。まずは「自分が依頼される側だったら?」という相手の立場や気持ちを慮る必要があるのだ。

 そして本書は、依頼方法だけでなく「断り方」にも言及しているのが貴重だ。断る時は逆に、依頼した人の立場を慮るべきだろう。依頼する側も、される側も、気持ちの良いやりとりが成立してこそ、良い仕事ができるというものだ。社会人であれば、一度は本書を読むことをお勧めする。

-PR-企画特集