デジタルガレージ、メディアドゥの筆頭株主に--電子書籍事業に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージは12月15日、電子書籍やコンテンツ配信のプラットフォームを提供するメディアドゥに子会社のDGストラテジックパートナーを通じて約15%を出資。筆頭株主になったと発表した。

 メディアドゥは、同社のデジタルコンテンツ配信システムプラットフォーム「コンテンツアグリケーションシステム(CAS)」を軸に、コンテンツ配信サービス事業者向けのサービスを展開しているベンチャー企業。CASは、著作物のデジタルコンテンツ配信の権利処理のほか、コンテンツのデジタル化や集計、決済、集客を一元管理することができる。

 デジタルガレージは今回の出資を契機に、Twitterなどのソーシャルメディアを活用した電子書籍関連の事業を展開する予定。メディアドゥに対して、役員の派遣も検討している。また、デジタルガレージの電子決済サービスや広告販売と連携したり、ソーシャルネットワーク機能を追加したりして、CASの機能強化に協力するとしている。

 さらに、スマートフォン向けの電子書籍ビューワのマルチデバイス展開やソーシャルメディア上での電子書籍関連の機能の展開などについても、メディアドゥと連携していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加