logo

「ISC DHCP」にDoS攻撃を受ける脆弱性--再起動を余儀なくされる可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は12月14日、ISCが提供するDHCPサーバ「ISC DHCP」にサービス拒否(DoS)攻撃を受ける脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 4.2.0-P2以前のバージョンにDoS攻撃を受ける脆弱性が存在する。悪用されると、リモートの攻撃者によってサーバを応答不能にされ、再起動を余儀なくされる可能性がある。修正済みのバージョンに更新することで解決するとしている。

-PR-企画特集