logo

DNP、ドコモと電子出版事業会社を設立--2011年1月上旬から電子書籍を販売

藤井涼(編集部)2010年12月08日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(DNP)は12月7日、同社子会社のCHIグループとNTTドコモが電子出版の共同事業会社トゥ・ディファクトを設立することで合意したと発表した。設立日は12月21日を予定している。

 新会社は、8月にDNPとNTTドコモが締結した電子出版ビジネスにおける業務提携に向けての基本合意を具体化したもの。出資金は9億8000万円。出資比率は、DNPが51%、NTTドコモが40%、CHIグループが9%。

 今後は、NTTドコモが持つ情報配信システムや決済システムと、DNPの運営する紙と電子の書籍を提供する総合書店「honto(ホント)」をベースに、NTTドコモのスマートフォンやタブレット型端末、ブックリーダー向けに、2011年1月上旬から電子書籍を販売する。サービス開始当初は、Xperia、GALAXY S、GALAXY Tab、LYNX 3D、REGZA Phone、Optimus chat、SH-07Cに対応する予定。

 また2011年中には、新会社の電子書籍販売サイトとCHIグループのオンライン書店「ビーケーワン(bk1)」のシステム統合などを検討し、1つのサイトで紙と電子の書籍を購入できるサービスの実現を目指す。さらに、DNPグループのリアル書店(丸善、ジュンク堂、文教堂)との連携も進め、電子書籍、オンライン書店、リアル書店を連携させたサービス提供を目指すとしている。

-PR-企画特集