SAP、ERP製品を「BlackBerry PlayBook」に対応へ--WSJ報道

文:Edward Moyer(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、福岡洋一2010年11月22日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPは、市場で主流となっている同社のERPソフトウェア製品をResearch In Motion(RIM)が開発中のタブレット「BlackBerry PlayBook」に対応させるよう取り組んでいる。SAPはこのモバイル版ソフトウェアを、2011年初めに予定されているPlayBookのリリースまでに公開する計画だという。

 The Wall Street Journal(WSJ)の報道によると、SAPの最高情報責任者(CIO)を務めるOliver Bussmann氏は、同社のすべてのERPアプリケーションをPlayBookで利用できるよう準備を進めていると述べた。

 これはRIMにとって喜ばしいニュースだ。同社は、これまで「BlackBerry」を利用してきた企業顧客の忠誠心が、一部でもPlayBookに引き継がれることを期待している。RIMは、大人気を博しているAppleのタブレット「iPad」や、Googleの「Android」OSを搭載するサムスンの「Galaxy Tab」といったiPadの競合製品によって、自らが衰退していくことを避けたいと考えている。

 SAP自身はiPadを好意的に見ている。Bussmann氏がWSJに対して述べたところによると、同社は現在、社内のソフトウェア開発者、幹部、営業担当者向けに2000台近いiPadを導入しており、今後さらに毎月300〜500台を追加導入していくという。SAPはまた、Android搭載タブレットの利用も検討しているほか、約1カ月後にはPlayBookの利用も開始する予定だとBussmann氏は述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加