DeNAなど次世代3D環境開発で協業--ソーシャルゲームも3Dに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)、エイチアイ、インタラクティブブレインズの3社は11月15日、次世代3D環境の開発で協業すると発表した。あわせてDeNAはエイチアイの発行済株式数の5.2%とインタラクティブブレインズの発行済株式の一部を取得する。

 協業により、3Dコンテンツのアーキテクチャ設計から3Dソーシャルゲームエンジンの開発、ミドルウェアへの組み込み、ユーザーへのサービス提供までを一貫して実施できるようになる。また、DeNAのモバゲータウンで提供しているモーションアバターが、3DCGデータとしてFlashなどの環境下でも開発できるようになるという。

 2011年にFlashベース、2012年にHTML5ベースの3D環境開発を目指す。また、PC環境だけでなくスマートフォン環境での3Dコンテンツ展開を推進し、コンテンツプロバイダ向けにワンソースマルチデバイス対応の開発環境を提供するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加