Appleと電通、日本でモバイル広告「iAd」を2011年から展開

鳴海淳義(編集部)2010年11月10日 17時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleと電通は11月10日、Appleのモバイル広告ネットワーク「iAd」を2011年の早い時期に日本で展開するためのパートナーシップを締結したことを発表した。電通はiAdの日本における広告販売と広告制作を担当し、AppleはiPhoneとiPod touchのユーザーに向けたiAdの配信業務を担当する。

 iAdはiOS4用アプリケーションを利用している状態で広告を表示する。ビデオを見たり、ゲームをプレイしながら、広告内の商品購入、アプリケーションのダウンロード、iTunesのコンテンツ購入が可能だという。iAdネットワークに参加するアプリ開発者はさまざまなタイプの広告をアプリケーションに取り入れることができ、iAdネットワーク収入の60%をiTunes Connectを経由して得られる仕組みだ。

 電通の子会社であるサイバー・コミュニケーションズ(cci)が広告制作進行とメディアプランニングを含む、日本におけるiAdのワンストップサービスを提供する。アプリ開発者を対象としたiAdプラットフォームの詳細情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加