ソフトバンク、使いすぎを防止する「一定額お知らせメール」を開始

松田真理(マイカ)2010年10月29日 19時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは、「一定額お知らせメール」と「一定額ストップサービス」の提供を12月1日に開始する。

 一定額お知らせメールは、月ごとの利用料金が設定額を超過した際にメールで通知するサービス。金額は5000円から10万円まで設定でき、未設定の場合は10万円を自動適用する。「一定額メール通知」を利用しているユーザーには、設定内容をそのまま適用するという。利用料金は無料で申し込みも不要とのこと。

 一定額ストップサービスは、一定額お知らせメールの機能に加えて、設定額を超過した際に、通話やパケット通信の発信を規制するサービス。利用料金は月額105円だが、「基本オプションパック」に加入している場合は無料で利用できる。

 今回のサービス提供にともない、12月1日より基本オプションパックと基本オプションパック(i)の名称を「ケータイ基本パック」と「iPhone基本パック」に変更する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加