エイサー、299ドルのタブレットをまもなく発表へ

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年10月28日 08時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この数カ月間強く示唆してきたとおり、Acerは独自のタブレット製品ラインを投入する。

 Acerの最高経営責任者(CEO)であるGianfranco Lanci氏は米国時間10月27日、Dow Jones Newswiresに対し、ニューヨークで11月23日に開催するイベントで同製品ラインを発表すると述べた。Lanci氏は、ディスプレイのサイズについては述べなかったが、モデルの価格は299〜699ドルになることを明らかにした。同氏は稼働OSについても言及しなかったが、Acerはこれまでに、タブレットへの「Android」の搭載に取り組んでいると述べたことがある。

 モデルの少なくとも1つには7インチスクリーンが搭載される可能性が高い。Lanci氏は2010年春に北京で開催されたイベントで、このサイズのプロトタイプタブレットを披露している。

 最低価格は、299ドルという低価格になる予定である。携帯電話事業者を介して販売されると思われるため、3Gサービスプランへの契約者に対しては、その価格の一部を事業者が負担することになるだろう。Lanci氏は5月、携帯電話事業者はタブレットを販売する「明白な」販路になるだろうと述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加