logo

LinuxカーネルのRDSプロトコル実装に権限昇格の脆弱性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター(IPA/ISEC)と一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月26日、LinuxカーネルのRDSプロトコル実装に権限昇格の脆弱性が確認されたと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

 「Linuxカーネル2.6.30〜2.6.38-rc8」には、ユーザーが指定したメモリアドレスを正しく検証しないことが原因で、権限を昇格される脆弱性が存在する。この問題が悪用されると、ローカルユーザーによってRoot権限を取得される可能性がある。

 JVNでは、該当ユーザーは、利用するLinuxディストリビューションが提供する情報を元に最新版へアップデートするよう呼びかけている。なお、コマンドによってRDSプロトコルを無効にすることも可能だ。

-PR-企画特集