logo

博報堂DY、マーケティング支援ツール「Vision-Graphics」をテスト運用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 博報堂DYホールディングスは10月25日、マーケティング支援ツール「Vision-Graphics」のテスト運用を11月から開始し、2011年度から同社グループの各広告事業会社を通じて広告主へ提供すると発表した。

 Vision-Graphicsは、マーケティング関連データを集約し、それらのデータの関係性を可視化することで、広告ターゲットの情報接触からコンバージョンまでの情報行動を構造化するツール。広告露出やウェブ上の評判、検索行動データ、広告主サイトへのアクセス行動や関連ウェブサイトへの回遊履歴データ、販売関連データなどのデータを集約し、各データを横断的に解析することで、ウェブ領域やマス広告領域の活動とその効果や、最終的なコンバージョンへの影響を統合的に把握できるという。

-PR-企画特集