ハチの脳、コンピュータより優れている--英大学調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミツバチは、コンピュータでさえ解答を得るのが難しい複雑な数学的問題を解決する能力を備えていることが研究で明らかになった。The Guardianが英国時間10月24日に報じている

 ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校の研究結果によると、ハチは、花から花へと飛ぶ際にその最短経路を見つけ出し、一般に「巡回セールスマン問題」と呼ばれる問題を効果的に解決する能力を持っているという。

 「巡回セールスマン問題」は、セールスマンがすべての目的地を訪問するという仮定において、その最短経路を見つけることが求められる。コンピュータでは、想定されるすべての経路の長さを比較し、最短経路を選ぶことで解答を得る。

 同校が実施した実験では、コンピュータ制御の人工花を使うことで、ハチが単純に花を見つけた順に飛ぶのか、最短経路を見つけようとするのかを調べた。その結果、ハチは、花の位置を調べ、時間とエネルギーを最も節約できる経路を飛ぶようなることが明らかになったという。

 同校の生物学博士Nigel Raine氏は、「ハチは、小さな脳にもかかわらず、並はずれた能力を持っている。われわれは、ハチが巡回セールスマン問題をコンピュータなしでどのように解決しているかを理解する必要がある」と述べている、とThe Guardianでは伝えている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加