logo

[ブックレビュー]ツイートを負担に感じないために--「ゆるく、自由に、そして有意義に──ストレスフリー・ツイッター術」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝日出版社
詳細:単行本(ソフトカバー) / 296ページ / 朝日出版社 / 価格:¥1575 / 著者:渡辺由佳里 / 外形寸法 (H×W×D):18.8cm × 13.0cm × 2.4cm / 重量:0.3 kg
内容:最近では、生活の一部になっている人も多いであろうTwitter。しかし、利用の仕方によって心ないツイートを受け取ったり、有効に生かしきれていないのではないか、と不安に感じたりするときもあるだろう。そんな時に読みたい1冊だ。
Amazon.co.jpアソシエイト

 今や、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の中心的な位置付けとなったTwitter。しかし、利用者が増えるにしたがって、Twitterを利用し続けることが重荷になったり、Twitter上でのコミュニケーションにストレスを感じ始めている人も多いようだ。もし少しでもTwitterに疲れてしまったな、と感じているならばこの本を読むことで、すっと肩の力が抜けるだろう。

 「Twitterは本来、楽しく自由に使えるサービスなんだから、へんなルールに縛られなくていいんだよ」と、優しく教えてくれるのが本書だ。

 Twitterを始めたら、何か大げさな活動をしなくてはいけないのではないか、フォロワーが少なくては意味がないのではないか、などと勘違いしてしまいそうなほかのTwitter本とは、一線を画している。著者本人の体験談だけでなく、世界のユーザーからの体験談も含め、Twitterのさまざまな利用の仕方を見せてくれる。そうすることで、「こうしなければいけない」というルールなどないことが分かる。

 また、心ないツイートを受け取ったり、Twitterの不具合や単なる操作ミスで起こるアンフォローやブロックに落ち込んだりした場合の対処法も、とるべき行動と考え方の両面から提案している。

 さらに、日本人が少々苦手とする「ビジネスライクだけどフレンドリー」という米国での「自分と他人との距離感」について、その心がけや気の持ち方について丁寧に説明している。本書を読み、タイトルのとおり「ゆるく、自由に、そして有意義に」Twitterを使えたら、こんなに楽しいことはない。

-PR-企画特集