[ウェブサービスレビュー]メール容量を把握してGmailを効率的に使う--「Find Big Mail」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FindBigMail.com
内容:「Find Big Mail」は、Gmailのディスクスペースを占有している巨大なメールを探してくれるサービスだ。リストアップされたメールを優先的に削除していくことで、Gmailのディスク容量を効率的に使用できる。

 「Find Big Mail」は、ウェブメールサービス「Gmail」内のメールをスキャンし、ディスクスペースを占有している巨大なメールを探し出してくれるサービスだ。ディスクスペースを占有している巨大なメールを、容量ごとに3つのレベルに分けてリスト化してくれる。それらを参考にメールを手動削除することにより、手狭になったディスク容量を効率的に増やすことができる。

  • 「Find Big Mail」トップページ。Gmailと連携するサービスだが、とくにGoogleが提供しているわけではない点に注意

 Gmailは言わずと知れたGoogleが提供するウェブメールで、本稿執筆時点ではおよそ7Gバイト程度のディスク容量が無料で提供されている。足りなくなったディスク容量は別途追加購入することも可能だが、なるべくであれば無料の範囲で済ませたいと思う人も多いだろう。そのような場合に本サービスを利用すれば、ディスクスペースを占有している添付ファイル付きの巨大なメールを探し出し、効率的に整理することで、手軽にディスク容量の空きを増やせるというわけだ。

 使い方は簡単で、サイトにアクセスしてGmailのメールアドレスを入力し「CLICK HERE」ボタンを押すだけ。認証画面を経てスキャンが開始され、終了すると容量の大きなメールにラベルがつけられ、同時にレポートがメールで届く。ユーザーはこのラベルおよびレポートをもとに、どのメールを残すのか、残さないのかを決めるというわけだ。

  • インターフェースは日本語に翻訳して表示することもできるが、Google翻訳の文言をそのまま使っているのでやや違和感がある。とくに難しいわけではないので、英語のインターフェースのまま使ってもよいだろう

  • Gmailのアドレスを入力して「CLICK HERE」を押す

  • Gmailから、findbigmail.comにアクセス権を与えるかどうか尋ねられるので、アクセスを許可して続行する

 メールにつけられるラベルは容量別に3段階に分かれている。1〜5Mバイトのメールには「My Big Mail」、5〜20Mバイトのメールには「My Really Big Mail」、20Mバイト以上のメールには「My Ultra Big Mail」というラベルがつけられ、それぞれのラベルごとにどのくらいの容量を占めているのかがレポートに表示される。

 ちなみに筆者の場合、利用している容量は3646Mバイト。そのうち、通数にしてわずか6.1%のメールが、全体の容量の66.9%を占めていることが分かった。これから先ディスク容量が足りなくなることがあれば、これらのメールを優先的に削除していけば、無料のまま使い続けられるというわけだ。

 リストアップされたメールは即削除されるわけではなくラベルがつけられるだけなので、あとから見直すのも容易なほか、解除や一括削除にあたってはGmailの操作ルールがそのまま使えるのも便利だ。なお、利用にあたっては外部サービスにGmailとの連携をいったん許可することになるため、利用後はGoogleアカウントの個人情報設定画面にある「認証済みのウェブサイトを変更」で、一覧から「findbigmail.com」がなくなっていることを確認しておこう。

  • スキャンが開始され、しばらくするとこの画面が表示される。ちなみに今回3646Mバイトのスキャンに要した時間は約9分だった

  • 完了するとレポートがメールで届く。この画面を見ると、メール1通あたり20Mバイトを超える「My Ultra Big Mail」が全メールの2.7%あり、容量にするとこれらだけで全体の47.2%を占めていることが分かる。これらを削除していけば、効率的にディスクスペースの整理ができるというわけだ

  • リストアップされたメールには容量別に「My Big Mail」「My Really Big Mail」「My Ultra Big Mail」の3つのラベルがつけられる。それぞれのラベルをクリックするとメールの一覧が表示される

  • 外部サービスに連携を許可する形になるため、スキャン中はGoogleアカウントの個人情報設定画面にある「認証済みのウェブサイトを変更」に「findbigmail.com」が表示される。スキャンが完了すると自動的に取り消されるようだが、念のために手動でも確認したほうがよいだろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加