NTTデータと米Clouderaが協業--大規模データ処理基盤Hadoopの普及目指す

富永恭子(ロビンソン)2010年10月13日 16時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータと米Clouderaは10月13日、オープンソースの大規模データ処理基盤ソフトウェア「Hadoop」の普及を加速するために協業すると発表した。

 Hadoopは、大量データの処理および分析により、新しい領域のビジネスや新しい価値の創出に活用できるソフトウェアとして、金融分野やテレコム分野での採用が進んでいる。NTTデータは、日本国内で複数のHadoopシステムの構築、運用の実績を持つ。一方Clouderaは、Hadoopのディストリビューションおよび米国内でのサポートサービスや教育サービスを提供している。今回の合意では、両社が協業することによって、日本およびアジア太平洋地域でのHadoopシステムのさらなる普及を目指すとしている。

 具体的には、NTTデータがHadoopのディストリビューション「Cloudera's Distribution for Hadoop」を日本国内向けに提供。また、Clouderaと戦略的に協業し、共同でHadoopのプロモーション活動やサービス提供を行うとともに、NTTデータの「BizXaaS Hadoop構築・運用ソリューション」のサービス拡大を行うという。

 Cloudera's Distribution for Hadoopは、オープンソースソフトウェアであるHadoopに周辺のソフトウェアを組み合わせて構成されたもので、効率的なHadoopの導入や構成を実現するもの。エンタープライズ用途で広く利用されており、Hadoopの利用シーンにおいて欠かせないものとなっているという。

 NTTデータでは、今回の協業をもとに、既に提供を開始しているHadoopを活用したシステムインテグレーションサービスやコンサルティングサービスに加えて、Hadoopのミドルウェアサポートサービスや教育サービスを提供するとしている。Hadoopのミドルウェアサービスでは、Hadoopだけでなく周辺ソフトウェアであるHive、Pig、Sqoop、Hueなどのソフトウェアも含めた高度なサポートサービスを展開。また、教育サービスでは、開発者向けおよびシステム管理者向けの日本語による教育コースを展開するという。

 さらに、NTTデータとClouderaは、高い信頼性が要求される業務システムや社会基盤システムでより安心してHadoopを活用できるための技術開発や技術検証においても、両社による共同の取り組みを行っていくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加