D2CとIPG、放映中のテレビ番組の感想を共有できるアプリ「みんなのきもち」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーツー コミュニケーションズ(D2C)とインタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)は10月4日、携帯電話向けアプリ「Gガイド番組表リモコン」の機能として、「みんなのきもち」をNTTドコモの携帯電話向けに提供開始した。

 みんなのきもちは、テレビ番組を見ながら、そのときの感情をほかのユーザーたちとリアルタイムに共有できるユーザー参加型のアプリ。利用料は無料で会員登録も不要。対応機種はドコモの2008年冬モデル以降。

 ユーザーは放送中の番組ごとに作られた「部屋」にアクセスして、その番組がどれくらい盛り上がっているのか、ほかのユーザーがどのような感情でその番組を見ているのかを、画面上のキャラクターの数や表情から知ることができる。

 画面下部の「笑い」「怒り」「泣き」「驚き」の4種類の表情アイコンをクリックすることで、その番組に対する感情を表現できる。アイコンを連打することで、感情の強弱を表わすこともできる。

 みんなのきもちのトップページでは、現在放送中の番組名の一覧と「部屋」内のキャラクターの主な表情が表示される。ユーザーが各番組に対してどのような反応を示しているかを確認でき、番組の詳細情報を取得する際や視聴する番組を選択する際の参考にできる。

 D2CとIPGは、今後も随時、Gガイド番組表リモコンの機能やコンテンツをユーザーが好みに合わせてカスタマイズできるアプリを追加するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加