署名でアドレス帳を自動作成--iPhoneアプリ「LISTER」

坂本純子(編集部)2010年10月04日 13時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルグループウェアは10月4日、iPhoneとiPod touchに対応した名刺管理アプリ「LISTER」を公開した。料金は無料。

  • iPhoneアプリ「LISTER」

 LISTERは、メールの署名から名前や住所などを自動で切り出してデータベース化するサービスだ。まずはアプリをダウンロードし、自身のIMAP対応のメールアカウントを登録する。すると、ソーシャルグループウェアのサーバを介して、メールの署名部分のみを自動的に抽出し、解析して住所や名前などの連絡先をデータベース化することができる。他のアプリのように名刺をスキャンする必要がなく、メールをもとに自動的に管理できるのが特長だ。

 また、メールアドレスを軸にして、住所や電話番号などに変更があった場合は自動的にデータベースを上書きし、つねに自動的に最新の情報を保つことができる。現在の認識率は95%だが、ソーシャルグループウェアが開発した独自のメール解析エンジンを採用しており、チューニングして日々精度の向上に努めているとしている。

 LISTERは、解析した連絡先データを自動的にリストに反映したり、名刺のようなデザインで連絡先を確認したりできる「名刺ビューモード」機能を提供するほか、氏名や会社名などでの検索にも対応する。また、iPhoneとの連携機能により、リストの住所からGoogle マップを起動したり、電話をかけたりすることができる。

 なお、リスト化された情報はインターネット上に保存される。10月4日の時点ではiPhoneアプリからのみ閲覧できるが、数日以内にPCからも閲覧できるようにするとしている。

 現在利用できるのはIMAP対応のメールのみだが、10月中にもPOPメールに対応するという。今後は、Android端末やGoogle Chromeの拡張機能化など多くの機能追加を予定しているという。また、APIを公開し、他のサービスからLISTER内の連絡先データへアクセスすることなども考えているとのことだ。

 当面は無料で運営する方針で、同社が運営するSaaS型グループウェア「iQube」との連携など、業務効率化に向けたツールを開発し、人と情報などをつなげる「ソーシャルグラフ」を作りたいとしている。

  • メールの署名から自動で情報を切り出す

  • サーバのしくみ。なお、抽出後、メールの本文は持たないという

  • 名刺のデザインで連絡先が確認できる「名刺ビューモード」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加