logo

DTS、情報漏えい対策の新サービス「EAGISCORP」発表--SMB市場の開拓目指す

冨田秀継(編集部)2010年09月27日 14時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DTSは9月27日、情報漏えい対策の新サービス「EAGISCORP」を発表した。PC操作のログ収集と分析も可能で、分析には同社のBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「データスタジオ@WEB」をカスタマイズした機能が提供される。SaaS形式で10月1日から提供を開始する。

 EAGISCORPは、情報漏えい対策を中心とした情報セキュリティ対策を提供するサービス。クライアントPCにエージェントをインストールしてPCの操作ログを収集し、状況に応じて警告や禁止などを発して操作を制御する。操作ポリシーはインターネット経由でクライアントPCに適用できるほか、機能限定サービスからフル機能版へ追加インストール無しでアップグレードすることも可能だ。

 価格は、ログ収集機能版が1端末あたり月額600円(税別)。発売記念キャンペーンを展開中の現時点では、月額500円(税別)で提供されている。また、フル機能版は1端末あたり月額980円(税別)。カスタマイズ版は個別の見積もりとなる。最小契約数は20ユーザー。

 EAGISCORPのベースとなった製品は、インテリジェントウェイブの情報漏えい対策製品「CWAT」。同製品は、金融機関や中堅以上の規模を有する企業を中心に、50万台以上の導入実績があるという。DTSではインテリジェントウェイブと代理店契約を結んでおり、「CWATの販売も手がけていたが、中堅中小企業へのアプローチを強めるためにSaaSの提供を始める」(DTS 広報部)。今後はEAGISCORPで、中小企業、支社や店舗数の多い企業、海外拠点の多い企業など、新たなマーケットでの採用増を目指す。

-PR-企画特集