logo

IPAとNISC、政府機関の情報セキュリティ対策で連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報処理推進機構(IPA)は9月10日、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)と情報セキュリティにかかる脆弱性などに関連する情報の提供で協力覚書を9月3日に締結したと発表した。

 IPAが得た情報セキュリティの脆弱性などに関連する情報のうち、政府機関でも必要と考えられるものをNISCと共有することで政府機関の情報セキュリティ対策の向上に協力していく。また、必要に応じてNISCと情報交換の場を設けるとしており、「情報セキュリティ2010」でも内閣官房と情報セキュリティ対策に関連する公的機関との連携を強化するとしている。

 今後は、NISCとの連携体制を確立し、政府機関への脆弱性などに関連する情報のより迅速かつ具体的な情報提供を実現することで、政府全体の一層の情報セキュリティ対策の向上に協力していくとしている。

-PR-企画特集