DACとiMD、企業と大学をターゲットとした広告商品を販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と、グループ会社のアイメディアドライブ(iMD)は9月13日、両社が運営するアドネットワーク「impActネットワーク」で、企業からのアクセスをターゲットとした広告「impAct BtoBターゲティングバナー」と、大学からのアクセスをターゲットとした広告「impAct大学生ターゲティング」を販売開始した。

 impActネットワークは、女性系媒体、ビジネス系媒体をはじめとする多数の法人専門サイトをネットワーク化している。提携サイトは330サイト、月間の総インプレッションは22億インプレッションとなっている。

 impAct BtoBターゲティングバナーは、IPアドレスを利用した位置情報判別サービス「Digital Element NetAcuity」のターゲティング技術と、東洋経済新報社の「会社四季報」シリーズ所収の約8000社の企業情報データを掛け合わせ、企業からのアクセスに対し、その企業の業種や規模、上場の有無を判別して広告を出し分ける広告プログラム。

 impAct大学生ターゲティングは、Digital Element NetAcuityのターゲティング技術を用いて、大学からのアクセスに対してのみ広告を露出する商品。大学生に向けての企業アピールや、学生向け商材の訴求などができるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加