logo

マウス、Android 2.2を採用した液晶タブレット「LuvPad AD100」を発売

エースラッシュ2010年09月10日 20時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウスコンピューターは9月10日、Android 2.2とNVIDIA Tegra 250を採用した液晶タブレット「LuvPad AD100」を発表した。9月末に発売する。

 LuvPad AD100は、マウスコンピューターが新たに立ち上げたモバイルデバイス端末「LuvPad(ラヴパッド)」シリーズの第1弾製品。米グーグル製携帯情報端末向けのOS、Android 2.2を使用し、CPUにはNVIDIA Tegra 250を採用することで、高速動作を実現したとしている。

 表示部はマルチタッチ対応の10型ワイド液晶で、解像度は1024×600ピクセル。OS起動用に512Mバイトの内蔵メモリを備えるほか、8Gバイトのフラッシュメモリを搭載。microSDカードスロットも装備する。

 IEEE802.11b/g準拠の無線LANとスピーカーを内蔵する。重量は約760g。価格は3万9800円を予定している。

LuvPad AD100 液晶タブレット「LuvPad AD100」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集