logo

Facebook、スパマーに自動ポストを許すセキュリティホールを修正

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年09月08日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間9月7日、「Wall」へのメッセージやダイレクトメッセージの自動ポストに利用されていたセキュリティホールを修正したと語った。同社によれば、このセキュリティホールを利用したアプリケーションへのリンクをクリックするだけで、メッセージが自動送信されるという。このアプリケーションは6日、無効化されたという。

 Facebookは声明の中で次のように述べた。「われわれは今週、複雑な手順によって通常のクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)対策をアプリケーションが回避できるバグを発見した。われわれはこの問題の解決に速やかに取り組み、発見から数時間のうちに修正した。修正するまでの短い時間、われわれのポリシーに違反するいくつかのアプリケーションが存在し、そのアプリケーションへのリンクをクリックしたユーザーのプロフィールにコンテンツを投稿することが可能だった」

 Facebookは数日前にも、スパマーが承認なしにユーザーのプロフィールに写真を投稿することを許していたバグを修正している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集