logo

ヤマハ、シアターラック「POLYPHONY」に新機種--上位機にはシネマDSP

加納恵(編集部)2010年08月31日 19時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは8月31日、AVラックにシアターシステムを搭載したシアターラックシステム「POLYPHONY(ポリフォニー)」シリーズに「YRS-2100/1100/700」の3機種の新製品を発表した。3サイズの横幅をそろえ、最大65型までの薄型テレビと組み合わせられる。9月下旬から順次発売する。

 YRS-2100/1100/700は、3D映像伝送や、HDMIケーブル1本でテレビと接続できるオーディオリターンチャネル(ARC)に対応したシアターラックシステムだ。上位機となるYRS-2100/1100には、独自の音響創成技術「シネマDSP」を搭載。専用設計のYSPスピーカーを内蔵することで、7.1chサラウンド再生を本体1台のみで実現するとしている。

 本体横幅は1600mm(YRS-2100)、1200mm(YRS-1100)、1000mm(YRS-700)で、それぞれ65型、50型、42型までの薄型テレビの設置が可能。YRS-2100/1100は、配線を気にせず壁にぴったり寄せられる「壁ピタ設置」、YRS-700には部屋のコーナーに設置しやすいコーナーカットデザインを施している。

 店頭想定価格は、YRS-2100が13万円前後、YRS-1100が10万円前後、YRS-700が8万円前後になる。

「POLYPHONY」シリーズ 「POLYPHONY」シリーズ
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集