logo

キヤノン、202×205mmの超高感度CMOSセンサを開発--星の動画撮影、監視カメラに応用

坂本純子(編集部)2010年08月31日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは8月31日、超高感度で世界最大となるCMOSセンサを開発したと発表した。チップサイズは202×205mmで、キヤノンが製品化している最大のCMOSセンサと比較すると約40倍の大きさになるという。

  • 超大型CMOSセンサ(左)と35mmフルサイズCMOSセンサ(右)

 CMOSセンサを大型化すると、集められる光量を増やすことができるため、光の少ない暗い環境でも撮影が可能になる。今回の大型化により、35mmフルサイズCMOSセンサが必要とする光量の約100分の1でも撮影が可能で、0.3ルクス(月夜の半分程度の明るさ)の照度で約60コマ/秒の動画が撮影できるという。星空や夜間の動物の動画撮影、夜間の監視カメラなどに応用できるとしている。

 従来、センサを大型化すると、データ信号を受信してから送信するまでの時間が長くかかり、出力の高速化が難しいといった問題があった。回路設計に工夫を凝らすことで問題を解決し、動画対応の巨大なCMOSセンサの開発に成功したという。製造プロセスを徹底的にクリーン化することにより、画像の欠けやゴミなどを抑えたセンサになるとしている。

-PR-企画特集