logo

DACの広告配信プラットフォーム「iPS-X」がスマートフォンに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は8月27日、同社が提供する広告配信プラットフォーム「impAct Progressive Suite X(iPS-X)」にスマートフォン向けの広告配信機能を追加した「iPS-X for smartphone」の販売を開始した。

 iPS-Xは、300社以上のPC、モバイル媒体社に導入され、月間600億インプレッション以上の広告を配信する広告配信プラットフォーム。広告在庫予測やリアルタイムの配信やレポート、地域指定や時間帯指定などの機能を搭載する。

 今回、販売を開始するiPS-X for smartphoneでは、スマートフォンでの様々な広告フォーマットに対応するソフトウェア開発キットを搭載する。スマートフォンサイトやスマートフォンアプリへの広告配信に加え、PCサイトをスマートフォンで閲覧した場合の専用広告フォーマットにも対応しており、導入企業は幅広く広告を展開できるという。

 DACは、iPS-X for smartphoneを通じて既存顧客のニーズに応えるとともに、新たな顧客への導入も図り、約1億円の初年度売り上げを目指すとしている。

-PR-企画特集