logo

ターボソリューションズ、InfiniTalkの販売でコンピュータシステムと業務提携

富永恭子(ロビンソン)2010年07月23日 17時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボソリューションズは7月23日、システムおよびネットワークのコンサルティング、構築、保守を提供するコンピュータシステムと、IP-PBXソフトウェア「InfiniTalk」の販売に関して業務提携したことを発表した。コンピュータシステムでは、中小規模を主とする同社の顧客企業に対して、InfiniTalkの販売を開始している。

 今回の提携により、ネットワークインフラの構築からInfiniTalkの導入までをワンストップで提供することが可能になるという。ターボソリューションズは、開発元として技術的なバックサポートを行う。これにより、企業のニーズに適合したIP電話システムを迅速に導入し、安心して運用できるとしている。

 InfiniTalkは、オープンソースソフトウェア「Asterisk」をベースに、ターボソリューションズが各種機能を拡張したIP-PBXソフトウェア。マルチベンダー対応と高いカスタマイズ性、またコスト削減ニーズに対応でき、運用負荷が低いことが特徴という。フュージョン・コミュニケーションズの「FUSION IP-Phone」や、NTT東日本、NTT西日本の「ひかり電話ビジネスタイプ」と直接接続でき、高価なメディアゲートウェイなしに低コストでIP電話環境を構築することが可能としている。

-PR-企画特集