logo

ソーシャルアプリの利用日数、超短期と長期に二極化の傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバー・バズは7月15日、アンケート調査「ソーシャルアプリの利用実態」の結果を発表した。

 ソーシャルアプリの利用経験があるユーザーに、1アプリあたりのプレイ日数について質問したところ、「1日未満」が22%と最も多く、次いで「2〜3カ月程度」が20%、「半年以上」が19%となり、ソーシャルアプリの利用日数が超短期と長期に二極化していることが明らかになった。

 1日のアプリ利用時間については、約70%が「1時間未満」と回答しており、ユーザーの多くが、長時間ソーシャルアプリを利用していないことがわかった。今までに利用したことのあるアプリ数は、「1〜5個」が56%、「6〜10個」が25%と、1〜10個までにとどまっている人が多かった。アプリ内での課金サービスの利用経験があるユーザーは約10%だった。

 調査期間は6月30日から7月8日まで。「CyberBuzz」の登録者とサイバー・バズのサービスを利用している10代から70代を対象に実施した。回答者数は965人。

-PR-企画特集