logo

ビューン、毎日新聞社など3社を引受先とした第三者割当増資を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループのビューンは7月6日、毎日新聞社、電通、西日本新聞社の3社を引受先とした第三者割当増資を実施したと発表した。

 ビューンはiPhoneやiPad、ソフトバンク携帯電話で、30以上の新聞や雑誌、テレビニュースなどのコンテンツを定額料金で閲覧できるサービス「ビューン」を運営する。

 増資金額は毎日新聞社が9000万円、電通が5000万円、西日本新聞社が4000万円で、合計1億8000万円。6月29日に出資金の払込が完了している。増資後の持分比率は、ソフトバンク63%、毎日新聞社19%、電通10%、西日本新聞社8%となる。

-PR-企画特集